コスメコンシェルジュとは?

最近よく耳にすることが増えている「コスメコンシェルジュ

美容に詳しい方は、「知っているよ。」と美容業界やコスメが好きな方が率先して取得しているライセンスです。

いったい、何をやる人なのか気になりますよね。


一般社団法人 日本化粧品検定協会では、
『 あらゆる肌悩みに対して、最適な化粧品を選び出せるプロフェッショナル』と定められています。



★私がコスメコンシェルジュになった経緯

【10代後半から20代前半】
ビーチバレー観戦を楽しむ一方、真っ赤っかになる日焼け。学習できず、毎年この繰り返し。酷い時は、水疱ができたり、体内に熱がこもり非常に苦しみました。

その結果、30代に入ってから.忘れた頃の日焼けシミとなって現れました。メイクで隠す日々が始まりました。


【派遣社員をしていた30代】
空調がダイレクトにくる、一見良さそうな席環境になることばかり。

気がつけば、「年中無休の粉吹き超乾燥肌」になっていました。あらゆるメーカーの保湿製品を使ったけど、1週間もすると元の粉吹き超乾燥肌に。泣くにも泣けない最悪な時代がありました。


【アロマテラピースクールに通学】
あまりにも酷い肌状態に、「騙されたと思って、今から作る(実習)化粧水を1週間で使い切って。」と言われるがままに使用。

なんと!「年中無休の粉吹き超乾燥肌」からたった1週間で卒業。私以上に、家族や友達がビックリ。

理由は、いたって簡単なこと。私の肌に合わない不必要な大量の成分を、塗りまくっていたから。「酷くなって当然のことをやり続けていただけ。誰も、そのことを教えてくれなかったんだね。」と綺麗に生まれ変わった肌の私は、さらに綺麗な肌を手にする勉強を日々を過ごしていた。


【美容成分を調べる】
日焼けシミをなんとかしたい!その想いから、どんな美容成分があるのか調べる日々。シミを解消させますというエステにも通ったけど、1年経っても何も変わらない。

そんな時、日本化粧品検定の存在を知り独学スタート。知りたかったことが多くあり、3級からスタートし、1級まで取得。

シミだけではなく、年齢肌も解消することを目指して美容成分を取り寄せ実験の日々。


【肌悩みの人をサポートしたい】
誰に聞いても、肌悩みを抱えている。私の知識や経験、美容モニターが役に立てるならと、コスメコンシェルジュを取得。

肌に良いものは?とスキンケアだけではなく食の面についても再勉強中。

肌の構造、スキンケアについてプライベートセッションを実践しています。







▲ページトップに戻る